コラム

歯周病が原因で歯が無くなる可能性があるってみんな知ってた?

投稿日:

年をとると歯がなくなるってイメージ皆さんありませんか?歯がなくなる一番の原因は歯周病と言われているのです。歯周病という病気は40歳を過ぎたら約80%の方が歯周病になっていると言われているぐらい多い病気です。

歯周病の主な原因ってなんだろう?

歯周病の原因ってみなさんご存知でしょうか?歯周病の原因は実にたくさんあります。

歯周病の原因

①:不規則な生活習慣
②:疲れ
③:ストレス
④:高タンパク、高脂質な食事
⑤:喫煙(タバコ)

歯周病の原因はホントに日々生活しているだけでも、たくさんあります。歯周病は歯が失なってしまう大きな要因ですので、おじいちゃん、おばあちゃんになっても自分の歯でおいしい食事ができるように若い段階で適切な治療をしていくことが大事です。

歯周病は大きく分けて、「歯肉炎」「歯周炎」に分けられます。2つの症状などについて見ていきましょう。

歯肉炎の症状

誰もが一度は耳にしたこがある歯肉炎の症状は、まだ、歯周病の初期の段階です。歯茎だけ炎症している状態で、歯茎が赤く腫れている状態です。歯磨きをしただけで、出血してしまったりする症状があります。

歯肉炎の自覚症状は少なく、そして、歯肉炎の進行具合はそこまで早くありませんので、まだ大丈夫でしょう…ただの出血、赤く腫れているだけと思いがちで治療せずにそのまま放置してしまうことが多いと言われております。

歯周炎の症状

歯肉炎に続いて歯周炎の症状について見ていきましょう歯周炎というのは、歯肉炎が悪化したものです。歯肉炎を治療せずに放置していると、歯周炎に悪化して症状が現れてきます。

歯周炎の症状は、歯茎が柔らかくなり、ぶよぶよ状態、歯がいつもよりぐらぐらしたり,硬い食べ物を食べた時にちょこっと痛みなどが発生します。

歯周炎の症状が悪化してしまうと、膿が出る場合もあり、その膿が原因で口臭が悪化する場合もあります。歯周炎が重症化してしまうと、歯の根っこがむき出しになってしまい、やがて歯が抜けてしまいます。

歯周病の歯肉炎、歯周炎の予防と対策

①:毎日欠かさず歯磨きをして口腔内を清潔にする

歯周病予防と対策で一番簡単にできるのが、毎日の歯磨きです。歯磨きをして口腔内の清潔を保つことです。毎日朝と夜歯磨きをしているなら、少し増やして昼も歯磨きをするなどをして、口腔内の清潔を意識するようにしてください。

②:歯周病予防の効果のある歯磨き粉を使う

ドラッグストアなどでも、たくさんの歯周病予防効果のある歯磨き粉はたくさん発売されています。安い歯磨き粉〜高い歯磨き粉までたくさんあります。安い歯磨き粉は悪いとは言い切れませんが、安い歯磨き粉よりちょっと高い歯磨き粉を使うのがおすすめです。

③:電動歯ブラシや歯周病対策グッズを使う

歯垢除去力が高い電動歯ブラシなども歯周病対策に効果的です。通常の歯磨きでは落としきれていない歯垢などを落とせる効果の高い電動歯ブラシを使うこと。

水流で落とすタイプのフィリップス社から発売されているソニックケアーがおすすめです。また、パナソニックから発売されているジェットウォッシャードルツもおすすめで、このようなグッズを使って歯周病対策をしていきましょう。

歯周病の原因と対策のまとめ

まとめ

● 歯周病が悪化してしまうと歯がなくなる可能性がある
● 歯周病は大きく分けて歯肉炎、歯周炎がある
● 歯周病予防は万全にしていくことが大事

知らない間に歯周病は進行してしまっているので、日々のケアが大事になってきます。歯周病が悪化して、最悪の場合、歯が抜けてなくなる可能性が出てくるんで、安易に考えず、放置せずに歯科医院で治療をするようにしてください。

虫歯がなく、虫歯の治療がすべて終わって、定期検診が面倒で定期検診をおろそかにしてしまっている方もいるかもしれませんが、歯周病の検診という感じで定期検診を受けるようにしてください。

-コラム

Copyright© ステイン除去歯磨き粉人気ランキング~歯ホワイトニング123~ , 2017 AllRights Reserved.